みのりの眼

Next Cocert

みのりの眼 次回の企画公演

▲画像をクリックすると拡大できます。

フォーレとサン=サーンス

 フランス近代音楽に流れるシューマンのポエジー

<サン=サーンスの魅力 <真>発見シリーズ vol.1>

名曲「白鳥」を含む作品、『動物の謝肉祭』で有名なサン=サーンス。彼はそれ以外にもたくさんの作品を残しました。そこには知られざる宝のような名曲がたくさん埋まっているのです。
「みのりの眼」では、毎回定めるテーマに沿って関連のある他の作曲家の作品と組み合わせたプログラムのコンサートをシリーズで開催し、サン=サーンスの真の魅力をみなさんと一緒にみつけていきたいと思います。

1回目となる今回は、サン=サーンスと彼の弟子であり親友であったフォーレというフランス近代音楽の主流に位置する二人の作品とともに、彼らが共感の思いを抱いていたシューマンの作品も合わせて聴くことで、それらに通底する詩情を感じていただきたいと思います。

【プログラム】
 ・シューマン:カノン形式の6つの練習曲
 ・フォーレ:ピアノ三重奏曲
 ・サン=サーンス:ピアノ三重奏曲第2番  ほか


全席自由 一般:4,000円/ 学生:2,000円

日程:2024.5.29(水)

昼の部:14:00開演(13:30開場)、夜の部:19:00開演(18:30開場)


場所:品川区立五反田文化センター音楽ホール

Concept

みのりの眼とは?

「生で聴く音楽のあらたな喜びを提供する」「世の中で知られずにいる素晴らしいものに陽の目を当てる」
このふたつをコンセプトに、個々のアーティストと十分に練り上げた
さまざまな内容のコンサートを企画・制作しています。

みのりの眼はその活動を通じて、失われつつある血の通った人と人とのつながりを世の中に取り戻し、
また人々の文化の多様性へのさらなる理解を促します。

Concept

みのりの眼とは?

「生で聴く音楽のあらたな喜びを提供する」
「世の中で知られずにいる素晴らしいものに陽の目を当てる」
このふたつをコンセプトに、個々のアーティストと十分に練り上げたさまざまな内容のコンサートを企画・制作しています。
みのりの眼はその活動を通じて、失われつつある血の通った人と人とのつながりを世の中に取り戻し、また人々の文化の多様性へのさらなる理解を促します。

Cocert Schedule

みのりの眼 今後の企画公演

2024.8.18 (日)

徳永真一郎 & 松田弦 『平均律ギター曲集』全曲演奏会 vol.1
カステルヌオーヴォ・テデスコ:『平均律ギター曲集』より、J.S.バッハ:イタリア協奏曲ほか
徳永真一郎 (gt)、松田弦 (gt)
めぐろパーシモンホール 小ホール
午後2時開演

2024.9.23 (祝)

<倉田莉奈ファースト・アルバム発売記念リサイタル >
曲目未定(70分ノンストップ演奏)
倉田莉奈 (pf)
めぐろパーシモンホール 小ホール
午後2時開演

2024.9.29 (日)

<ギヨーム・ルクー 没後130年記念公演 vol.1 >
ルクー:チェロ・ソナタ(補筆版)、フランク:協奏的三重協奏曲第2番、ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ(遺作)
山本佳輝 (vn)、山根風仁 (vc)、蓜島啓介 (pf)
やなか音楽ホール
午後3時開演

2024.11.16 (土)

ベル・エポックの花束 ~珠玉の近代フランス室内楽の名品たち~
クラ:パンのフルート、ロラン=マニュエル:弦楽三重奏曲、トゥルニエ:組曲 ほか
駒井ゆり子 (sop)、大塚茜 (fl)、ヤンネ舘野 (vn)、石田紗樹 (va)、鈴木皓矢 (vc)、福井麻衣 (hp)
品川区立五反田文化センター音楽ホール
午後1時30分開演 (予定)

2024.12.8 (土) 予定

<ギヨーム・ルクー 没後130年記念公演 vol.2 >
ルクー:ヴァイオリン・ソナタ、ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ、イザイ:悲劇的な詩 ほか
栗原壱成 (vn)、蓜島啓介 (pf)
やなか音楽ホール
午後3時開演 (予定)

Pickup Movie

みのりの眼 おすすめ特選動画

ルネ・ド・カステラ 生誕150年記念公演 より

ルネ・ド・カステラ作曲
『コンセール』
  第1楽章「風景」
  第2楽章「間奏曲」「レントとグラーヴ」
  第3楽章「ロンド・ヴァリエ(変奏曲)」

 2023.9.30 (土)
  鶴見区民文化センターサルビアホール音楽ホールにて
 大塚茜(fl)、ヤンネ舘野(vn)、鈴木皓矢(vc)、蓜島啓介(pf)